様々な方法で理想なバストを目指す豊胸手術について知っておこう

胸のサイズUPで悩み解決
医者

手軽な施術で悩み解消

豊胸施術はいろんな方法がありますが、その中でも施術時間も短く比較的手軽に受けることができるヒアルロン酸注入豊胸が多くの女性に施されています。ヒアルロン酸は体の中にも存在する成分のため負担が少ないものになります。

胸

手術を成功に導くポイント

豊胸手術を成功に導くためには、病院や手術法を選ぶコツがあります。なるべく国内のクリニックで受けるようにすることがその一つですが、実績の多さで選ぶこと、種類の豊富さで選ぶことなど、様々な選び方があります。

ベストな方法

バスト

バストアップに効果があるとされるものは数多くあります。その中には自分自身で行なうことができるものもあり、手軽でかんたんなものがほとんどでしょう。しかし、実際に効果があまり体感できずに諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。こういった場合には、美容エステや美容外科を訪れて相談することがいいです。特に美容外科は自分では行えない方法でバストアップさせますので目に見えて効果を実感することができます。しかし、美容外科で行なうバストアップは様々な方法がありますので、自分にはどれが適しているかをあらかじめ確認するか、美容外科の先生などに相談する必要があります。手軽さを求めている場合には、ヒアルロン酸を使ったヒアルロン酸注入がいいでしょう。このヒアルロン酸注入はメスを使わず注射のみで行なうことができるため、手術より時間がかからずまた、施術を行なった後すぐに帰宅することが可能です。時間がない方やなかなか日程の調節が出来ない方にはうってつけの方法です。
その他に脂肪注入という施術があります。この脂肪注入は、自分の脂肪を別の箇所から取り出し、その脂肪をバストに注入する方法です。別の箇所から脂肪を取り出すので部分痩せといったシェイプアップにも繋がり、さらにバストアップも行えるという一石二鳥の施術になっています。さらに、自分の脂肪を使ったバストアップ方法なので、注入したバストへの負担も軽く定着しやすいため安全性もしっかりしています。自分の脂肪ということは術後の仕上がりもより自然になりますし、他のものを使った施術に比べるとアレルギー反応といったものを抑えることができることも大きなメリットになっています。ただし、脂肪吸引と注入を行なうので、手術にかかる時間は他の施術に比べると時間をかけてしまうことがあり、人によっては手術後に入院が必要なケースもあり得ます。また、こうしたヒアルロン酸や脂肪を注入するといった方法は、時間が立つと効果が薄れていくことがあるので永久的に効果を持続させたい方には人工乳腺やシリコンといったものを入れる方法が向いているといえるでしょう。人工乳腺はバストに負担をかけにくい素材でできたものを胸に入れてバストアップを行なう手術ですが、基本的にヒアルロン酸や脂肪注入では2カップまでのサイズアップだったものを、さらに大きくすることができます。さらに、シリコンや人工乳腺は体に吸収されることがないので効果も半永久的に持続させることが可能になっています。この人工乳腺やシリコンによる豊胸手術はメスを使って行なわれますが、手術中の痛みは全身麻酔などによってほとんど感じることがないので安心して施すことができるでしょう。しかし、全身麻酔を行なう手術なので入院が必要となるのは注意が必要です。入院に関する費用の心配も当然あると思いますが、入院の場合は保険が適応されることが多いです。保険が適応されるかは、手術の内容や保険会社、または病院によって異なってきますので事前に適応されるかを確認しておくといいでしょう。手術の費用も行なう豊胸手術によって大きく変わってくるので自分の予算や目的に合わせて選ぶといいです。こういった予算の話で気になることがあれば些細なことでも病院の先生やスタッフに相談をしてどのプランで行なうかを決めましょう。病院によっても値段が変わってきますので、いろんな病院の料金を比較して病院を選ぶのも選択肢のひとつといえます。

水着の女性

豊胸の流れ

初めて豊胸手術を受ける方は不安なことが多いでしょう。しかし、しっかりと手術までの流れを把握しておくと不安と感じている部分を取り除くこともでき、自分の予定に合わせて施術を行えるのであらかじめ確認しておきましょう。